ハリマハウスは外断熱に蓄熱式床暖房を組合せた高断熱・高気密の注文住宅専業工務店です。

9.健康住宅を創る!内部結露を防ぐには(1)

内部結露とは室内の水蒸気が断熱材の中を透過して、冷えた外壁裏にぶつかって結露することでした。

結露を防ぐ方法は、まず水蒸気を壁の中に入れないように、室内側に防湿層を入れます。気密シートとも呼ばれ、ポリエチレンフィルムやアルミニウム溶着ポリエチレンシーツ等を貼り、室内の水蒸気が壁の中に進入しないようにします。

しかし水蒸気の進入は完全には止められません。コンセントボックスや配線、配管等から、水蒸気が多少進入してしまいます。なので進入した水蒸気は外側に透過してしまう構造にします。

外壁があっても水蒸気を透過させるためには、透湿する外壁材を使用して透過させてしまう方法か、外壁材の手前で排湿できるように通気層を取る方法の2通りあります。

前者を「透湿壁工法」、後者を「通気工法」と呼びます。内部結露を防ぐ基本となる壁構造です。

dsfdsfsdfd

南雄三著「断熱・気密のすべて」より

お気軽にお問合せください TEL 042-692-4350 9:00~18:00 (水曜定休日)

PAGETOP
Copyright © ハリマハウス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.