ハリマハウスは外断熱に蓄熱式床暖房を組合せた高断熱・高気密の注文住宅専業工務店です。

4.全室暖房が可能な高断熱・高気密性能とは

ここでは健康住宅を前提として、高断熱・高気密性能を追求していきたいと思います。

最近話題のドイツのパッシブハウスの熱損失係数(Q値)は0.7W/㎡k前後、一条工務店の i-smart がQ値0.82W/㎡kを出しています。ここまでQ値を高めれば、暖房のエネルギー消費削減効果は見込めます。

第三種換気設備を使用したハリマハウスが創る高断熱・高気密住宅の熱損失係数(Q値)は1.1W/㎡kから1.6W/㎡k程度になります。熱交換率90%の第一種熱交換換気を導入すれば、一条工務店並みのQ値にはなるでしょう。

しかしダクトを通して給気する第一種熱交換換気システムは、ダクト内の汚れを除去できないため、10年~20年後の匂いや空気質の低下が予想されます。健康住宅としては給気にダクトを使用しない第三種換気システムか、第一種熱交換換気を使用しても給気側はダクトに接続しない、YUCACOシステムを採用しています。

このように健康住宅を推し進めてゆくと、一次エネルギー消費量削減を前提とした高断熱・高気密住宅のパッシブハウス等とは設計が違ってきます。

011402_n

日 本の次世代省エネルギー基準と各国の基準を熱損失係数で比較。暖房度日が大きいほど寒冷。寒冷なほど熱損失係数は小さくなることが求められる。Ⅳ地域の東 京では立川から西は暖房度日2000日から2500日のⅣa地域に、立川より東側の地域は暖房度日1500日から2000日のⅣb地域に分けられていま す。

(建築技術2010年1月号 南雄三氏の作成図を基にしています)

お気軽にお問合せください TEL 042-692-4350 9:00~18:00 (水曜定休日)

PAGETOP
Copyright © ハリマハウス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.