*

現場発泡断熱材が気密断熱システムであっても、現場サイドとしてはそんなことは信じません

T邸の現場発泡断熱材吹付け作業が開始されました。
アイシネン

 

現場発泡断熱材吹付後

昨日と今日の2日間で吹付け作業が行われました。

T邸は外張り断熱工法(硬質ウレタンフォーム t=50mm)がベースとなり
現場発泡断熱材吹付け部は、付加断熱として位置付けられます。

 

 

 

現場発泡断熱材吹付作業中

吹付け厚は屋内壁厚140mm、屋根垂木せい140mm
1階床下、基礎内部は床断熱として230mmを吹付けます。

 

 

 

 

現場発泡断熱材天井裏状況
室内天井、壁部のプラスターボード(石膏ボード)を貼らない個所、
床下は発泡断熱材の削ぎ落としを行いません。

現場発泡断熱材小屋裏状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物外皮天井裏硬質ウレタンフォーム充填状況

1階天井の一部は、階上がバルコニー床となっていますので、根太せい235mmに対し硬質ウレタンフォーム100mmと発泡断熱材135mmと言う構成となっています。

建物外皮天井裏硬質ウレタンフォーム充填個所現場発泡断熱材吹付後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床下はかなりタイトな空間です。

床断熱現場発泡断熱材吹付状況

床下は屋外扱いとなり、基礎パッキンは通気タイプを採用しています。

通気の妨げとならない様に遠慮気味で吹き付けてもらいました。

 

 

 

 

現場発泡断熱材吹付スプレーヤーさん

吹付け作業中のスプレーヤーさんは完全防備です。

 

 

 

現場発泡断熱材吹付スプレーヤーさん完全防備

これまで発泡充填断熱材を採用した物件で
何度か作業中に近づいてスマートフォンで写真・動画の撮影をして来ました。

 

 

 

現場発泡断熱材吹付胴差部

指の触感でしか感じられないのですが
スマートフォン画面に微粒子が付着します。

今回は画面にガラス保護フィルムを装着して臨みました。

微粒子の付着は感じられましたが
タオルで拭いたら付着感がなくなりました。

この現象は吹付け作業中のみであり
短時間で収まります。

施工終了後、匂いも残りません。

 

 

 

 

 

 

 

2液型現場発泡断熱材攪拌
ドラム缶のA材、B材
吹付時にスプレーガン先で混ざり発泡するそうです。

一缶250KG
建物外皮200㎡換算で、平均吹き厚70㎜で計算し、住宅約1.5棟分だそうです。

 

 

 

 

 

 

2液型現場発泡断熱材缶ラベル

缶のラベルには
「アイシネン気密断熱システム」
とあります。

 

 

 

 

 

現場発泡断熱材吹付外個所

アイシネンの吹付が成されない個所もあります。
T邸はツーバイシックス工法が採用されています。
例えば、壁パネルの上枠・頭つなぎ
そのほか、吹付の成されない個所はあります。

 

 

 

 

 

現場発泡断熱材吹付後

現場発泡断熱材を採用したからと、建物の「気密」について安心はしません。

ハリマハウスの建物の隙間相当面積(C値)は
0.5cm2/m2以下を約束しています。

 

 

 

気密測定

気密測定

ここ最近のお引渡し物件については、0.4~0.2 cm2/m2の性能です。

ここまで来ると、過去の経験則だけではC値はなかなか下がるものではありません。

これまで以上にC値を下げられるものは
現場の努力だと思っています。

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

吹付硬質ウレタンフォーム 屋根隅垂木部吹付施行中

現場発泡断熱材の吹付作業が始まりました

H邸のフルリフォーム 屋根、外壁部、床断熱部への現場発泡断熱材現場発泡断熱材吹付作業が開始され

記事を読む

気密測定 相当隙間面積 C=0.2c㎡/㎡

気密測定が行われた結果…

(もしかして、0.1c㎡/㎡ とか… それ以下とか 出ちゃうとか…)  

記事を読む

基礎内断熱 立上り外周部セパレータ225mm幅状況

基礎内断熱工法を手がけるのは初めてです

M邸の基礎工事は大詰めを迎えました。 基礎内断熱工法を手がけるのは初めてです。 &nbs

記事を読む

c値0.4c㎡/㎡

M邸のC値(相当隙間面積)は、0.4c㎡/㎡でした

M邸の気密測定を昨日行いました。     気密測定の結

記事を読む

屋根部外皮 気密処理

相当隙間面積

一昨日、N邸の気密測定が行われました。 相当隙間面積 C

記事を読む

耐力壁パネルと外張り断熱材分合わせ詳細

外張り断熱開口部分木枠

M邸は外張り断熱材を張る段階を迎えています。 耐力壁パネルの上へは 一ヶ月前より

記事を読む

外張り断熱工法 開口部状況

屋根・壁外張り断熱工法での棟換気部

T邸は構造壁外部へ断熱材を張っています。 この外張り断熱材は、硬質ウレタンフォ

記事を読む

床暖熱 大引きと根太状況

床暖熱工法を採用しています

床暖熱工法は現場発泡断熱材の吹付け工法を採用します。 土台・大引き三寸五分角(105mm角)と

記事を読む

硬質ウレタンフォーム保温板張り終了

2年前、この個所からの漏気を想像出来ずに痛恨の失敗経験をしました

T邸の外壁には硬質ウレタンフォーム保温板(外張り断熱材)

記事を読む

樹脂フレームトリプルガラステラスドア鍵

高気密性能を選ぶか?開閉のスムーズさを選ぶか?

T邸には樹脂フレームトリプルガラス窓が採用されています。 テラスドアの開閉調整を行っています。

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75
基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維

防火ダンパー付き給排気グリル ファイヤダンパ
防火ダンパー付き給排気グリル装着が標準装備となりました

ここ数年の24時間換気システムは第1種熱交換型を採用しております。

無垢フローリングの浮き補修
フローリングの「浮き」を治す作業動画を作成しました

無垢フローリング材の「浮き」を補修する作業動画を作成しました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑