*

屋根分の外張り断熱材を積み上げると9mとなります

M邸に硬質ウレタンフォーム外張り断熱材が搬入されました。
http://www.achilles.jp/product/construction/insulation/q1-board/

硬質ウレタンフォーム保温板

1便屋根+α分として180枚
屋根面積は約123㎡
50mm厚を二重に重ね、屋根外張り断熱材厚は100mmとなります。
屋根面積に対し、断熱材はおよそ152枚敷かれると推定しています。

小屋組み

t=50mmの断熱材

本日、現場への搬入分を純粋に重ねて積み上げたとすると
9mにもなります。

アキレス キューワンボード

畳一枚分の大きさの断熱材が9m

これほどのボリュームのある建材が搬入されて来ると
現場内スペースのかなりの範囲を占有してしまいます。

アキレス キューワンボード 搬入後

ちなみに、来週は同じく硬質ウレタンフォーム壁外張り断熱材、160枚が搬入される予定です。

(搬入車上から現場2階への搬入を手伝いましたが、およそ1時間半かかりました 笑)

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

硬質ウレタンフォーム保温板50mmを二重

T邸は付加断熱工法を採用しています

T邸は屋根、一層目野地板を敷き終え 屋根外張り断熱材も敷き終えています。

記事を読む

耐圧盤 生コンクリート打設ポンプ圧送

土間床基礎の耐圧盤コンクリート打設を行いました

T邸の基礎工事 耐圧盤のコンクリート打設を行いました。 基礎型状は土間床基礎(逆

記事を読む

防火樹脂窓廻りへの発泡ウレタン充填

防火樹脂窓 枠廻りへの発泡ウレタン充填とカット

先日行った作業   M邸の防火樹脂窓、サッシ枠部へ断熱・気密補強として

記事を読む

基礎内断熱 立上り外周部セパレータ225mm幅状況

基礎内断熱工法を手がけるのは初めてです

M邸の基礎工事は大詰めを迎えました。 基礎内断熱工法を手がけるのは初めてです。 &nbs

記事を読む

1液型発泡ウレタンフォームスプレー後

1液型発泡ウレタンフォームスプレー缶タイプ

         

記事を読む

硬質ウレタンフォーム保温板張り終了

2年前、この個所からの漏気を想像出来ずに痛恨の失敗経験をしました

T邸の外壁には硬質ウレタンフォーム保温板(外張り断熱材)

記事を読む

上空から見る土台配置

建て方作業を開始しています

A邸は基礎工事を終え、建て方作業が開始されています。 毎週訪れて来る台風にもめげず、作業は続い

記事を読む

蓄熱コンクリート製作 架橋ポリエチレン管配管 不凍液通水圧テスト完了

「蓄熱式床暖房システム導入JV」、現場作業が始まりました

今年の3月、O設計事務所さんより設計・施工する新築へ ハリマハウスの「蓄熱式床暖房システム」を

記事を読む

腕木の通気スリット

屋根外張り断熱材が敷かれ通気垂木が並びました

T邸は屋根外張り断熱材100mmが敷かれ、通気垂木が並びました。

記事を読む

外張り断熱 硬質ウレタンフォーム断熱材

外張り断熱工法と通気工法の外皮部分について字幕解説付き動画を作成しました

M邸の外張り断熱工法と通気工法の外皮部分構成を 屋根部から1階部まで降りながら

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75
基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維

防火ダンパー付き給排気グリル ファイヤダンパ
防火ダンパー付き給排気グリル装着が標準装備となりました

ここ数年の24時間換気システムは第1種熱交換型を採用しております。

無垢フローリングの浮き補修
フローリングの「浮き」を治す作業動画を作成しました

無垢フローリング材の「浮き」を補修する作業動画を作成しました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑