*

屋根分の外張り断熱材を積み上げると9mとなります

M邸に硬質ウレタンフォーム外張り断熱材が搬入されました。
http://www.achilles.jp/product/construction/insulation/q1-board/

硬質ウレタンフォーム保温板

1便屋根+α分として180枚
屋根面積は約123㎡
50mm厚を二重に重ね、屋根外張り断熱材厚は100mmとなります。
屋根面積に対し、断熱材はおよそ152枚敷かれると推定しています。

小屋組み

t=50mmの断熱材

本日、現場への搬入分を純粋に重ねて積み上げたとすると
9mにもなります。

アキレス キューワンボード

畳一枚分の大きさの断熱材が9m

これほどのボリュームのある建材が搬入されて来ると
現場内スペースのかなりの範囲を占有してしまいます。

アキレス キューワンボード 搬入後

ちなみに、来週は同じく硬質ウレタンフォーム壁外張り断熱材、160枚が搬入される予定です。

(搬入車上から現場2階への搬入を手伝いましたが、およそ1時間半かかりました 笑)

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

外張り断熱材 硬質ウレタンフォーム保温板と通気胴縁t=24mm

外張り断熱工法時のはね出しバルコニー部の通気処置はこの様な収まり方としています

M邸は外張り断熱工法を採用しています。 建築体、外皮壁

記事を読む

1液型発泡ウレタンフォームスプレー後

1液型発泡ウレタンフォームスプレー缶タイプ

         

記事を読む

硬質ウレタンフォーム保温板50mmを二重

T邸は付加断熱工法を採用しています

T邸は屋根、一層目野地板を敷き終え 屋根外張り断熱材も敷き終えています。

記事を読む

屋根部現場発泡断熱材吹付け状況

2物件で行われている付加断熱は、異なる種類の断熱材を採用しています

T邸とA邸 共に外断熱+充填断熱の付加断熱工法を採用しています。 屋根部は硬質ウ

記事を読む

ポンプ圧送車ブーム侵入

フルリフォーム 防湿コンクリート打設を行いました

H邸のフルリフォーム 既存基礎型状は布基礎です。 防湿コンクリート打設を行いまし

記事を読む

気密測定

現場発泡断熱材が気密断熱システムであっても、現場サイドとしてはそんなことは信じません

T邸の現場発泡断熱材吹付け作業が開始されました。 アイシネン   昨

記事を読む

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75

基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維持管理・更新の容易性」を満たし

記事を読む

耐圧盤 生コンクリート打設ポンプ圧送

土間床基礎の耐圧盤コンクリート打設を行いました

T邸の基礎工事 耐圧盤のコンクリート打設を行いました。 基礎型状は土間床基礎(逆

記事を読む

蓄熱コンクリート製作 架橋ポリエチレン管配管 不凍液通水圧テスト完了

「蓄熱式床暖房システム導入JV」、現場作業が始まりました

今年の3月、O設計事務所さんより設計・施工する新築へ ハリマハウスの「蓄熱式床暖房システム」を

記事を読む

硬質ウレタンフォーム保温板張り終了

2年前、この個所からの漏気を想像出来ずに痛恨の失敗経験をしました

T邸の外壁には硬質ウレタンフォーム保温板(外張り断熱材)

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
2001年製エアコンのリモコンとスマートリモコン
2001年製のエアコンをスマートリモコンで外出先から操作出来る?

2001年製のナショナルエアコンを外出先からリモートコントロール出来る

ダイキン デシカホームエア吊り込み
ダイキン デシカホームエアの取り付けガイド動画を作成しました

ダイキンさんの調湿・換気ユニット「デシカホームエア」の 搬入から

グリッド面格子
単独で取り付ける防犯面格子

樹脂窓へ防犯用途の面格子を単独で取り付けている一連の作業の流れを

自作すのこベッド
建築廃材で、ローベッドフレーム作ってみました

建築発生廃材と傷ものの檜材でローベッドフレームを製作しました。

気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

→もっと見る

PAGE TOP ↑