*

高気密性能を選ぶか?開閉のスムーズさを選ぶか?

T邸には樹脂フレームトリプルガラス窓が採用されています。

テラスドアの開閉調整を行っています。

樹脂フレームトリプルガラステラスドア 障子・枠調整

k-window

時間が掛かりすぎとも言えるくらい、

一枚一枚丁寧に開閉調整を行っています。

テラスドアを閉じるには、ドア上下複数個所でクレセントの方式で行われます。

 

 

樹脂フレームトリプルガラステラスドア枠側

樹脂サッシ枠の受け金物へ、

樹脂フレームトリプルガラステラスドア障子側

障子側の掛け金が合わさり、ドアノブを回すとドアは閉ります。

 

 

樹脂フレームトリプルガラステラスドア鍵

ドアノブを回し「閉る」と言うより「締る」といったイメージでしょうか・・

樹脂サッシ枠へ、トリプルガラス窓(障子)をグッと引き寄せる感触です。

枠と障子へ取付られているパッキンは、分かり易く言うと押しつぶされ隙間がなくなります。

この動作によって、ドア開口部の気密性能は高くなります。

 

こうした開閉動作

男性でも少し「重たい」感じがします。

女性やお子さんだと、更に開閉動作は不自由になると想像出来ます。

 

さて、この開閉動作を日常で頻繁に行う方は一体誰となるのでしょう・・

 

 

ドアや窓の開閉調整は、

重くなく、軽すぎず

中間を狙った開閉調整をお願いしています。

 

断熱木質玄関ドア

 

 

 

 

 

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

気密測定

現場発泡断熱材が気密断熱システムであっても、現場サイドとしてはそんなことは信じません

T邸の現場発泡断熱材吹付け作業が開始されました。 アイシネン   昨

記事を読む

外張り断熱工法 開口部状況

屋根・壁外張り断熱工法での棟換気部

T邸は構造壁外部へ断熱材を張っています。 この外張り断熱材は、硬質ウレタンフォ

記事を読む

耐力壁パネルと外張り断熱材分合わせ詳細

外張り断熱開口部分木枠

M邸は外張り断熱材を張る段階を迎えています。 耐力壁パネルの上へは 一ヶ月前より

記事を読む

屋根外張り断熱材

屋根勾配7寸を自力で…

M邸は1層目の屋根野地板が敷かれ その野地板上へ更に断熱材100mm厚(硬質ウ

記事を読む

女子大学現場講義感謝状

T邸での女子大学現場講義が2回行われました

6月に開始されたT邸の新築工事 近所にある女子大学さんより 「現場‌での見学講義を行なわせて

記事を読む

気密測定 相当隙間面積 C=0.2c㎡/㎡

気密測定が行われた結果…

(もしかして、0.1c㎡/㎡ とか… それ以下とか 出ちゃうとか…)  

記事を読む

屋根部外皮 気密処理

相当隙間面積

一昨日、N邸の気密測定が行われました。 相当隙間面積 C

記事を読む

通気胴縁 t=24mm

樹脂防火サッシまわりの気密処理についてと第1種24時間換気システムのSA・RA

M邸は外壁の通気胴縁を打ち始めています。 通気胴縁は杉24×45

記事を読む

200mmビス結び

外張り断熱工法のケースでは、屋根は二度製作します

M邸の建て方作業は屋根の2層目を製作しています。 1層目屋根に

記事を読む

防火樹脂窓廻りへの発泡ウレタン充填

防火樹脂窓 枠廻りへの発泡ウレタン充填とカット

先日行った作業   M邸の防火樹脂窓、サッシ枠部へ断熱・気密補強として

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75
基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維

防火ダンパー付き給排気グリル ファイヤダンパ
防火ダンパー付き給排気グリル装着が標準装備となりました

ここ数年の24時間換気システムは第1種熱交換型を採用しております。

無垢フローリングの浮き補修
フローリングの「浮き」を治す作業動画を作成しました

無垢フローリング材の「浮き」を補修する作業動画を作成しました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑