*

外張り断熱工法場合では、壁と屋根との取り合い部はこうした気密処置を行っています

壁と屋根との取り合い部の気密処置は先張りシートを併用しています

M邸の建て方作業

本年度の作業は今日で終了です。

外張り断熱材とアスファルトルーフィング下葺
前回、屋根外張り断熱材の上に通気垂木を並べている記事をアップロードしてから
二層目の野地板が敷かれアスファルトルーフィングによる下葺が行われました。

棟換気口は後日、屋根仕上げ時に行います
通気垂木内の空気は棟部で排出されますが
排出口となる棟部は
一旦、アスファルトルーフィングで全て塞いでいます。

屋根7寸勾配屋根足場
仕上がりの屋根材を敷く作業の際に
棟部のアスファルトルーフィングをカットし棟換気部材を取り付けます。

屋根7寸勾配トップライト
トップライト取り付けも終了し
屋根部の雨仕舞いは一先ず完了です。

外皮外張り断熱張り後付け下屋
下屋は躯体後付け

下屋取り付け部のみ
壁外張り断熱材、通気胴縁を先行取り付けし
壁通気層を確保しています。

外張り断熱処理後の下屋取り付け拡大写真
壁通気層から屋根通気垂木を通り
棟部で排出されます。

後付け下屋内部通気状況

先張りシートによる外張り断熱処理
屋根断熱材と壁断熱材との目張りは
外張り断熱材外皮面で行わず
断熱材内皮側で先張りシートを両面テープを活用し行っています。

この気密処置と
開口部、基礎付近土台水切り部への気密処置が
相当隙間面積(C値)を下げるいわゆる「ツボ」となります。

屋根・壁部の断熱・通気・防水処理

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

腕木の通気スリット

屋根外張り断熱材が敷かれ通気垂木が並びました

T邸は屋根外張り断熱材100mmが敷かれ、通気垂木が並びました。

記事を読む

屋根部現場発泡断熱材吹付け状況

2物件で行われている付加断熱は、異なる種類の断熱材を採用しています

T邸とA邸 共に外断熱+充填断熱の付加断熱工法を採用しています。 屋根部は硬質ウ

記事を読む

屋根外張り断熱材

屋根勾配7寸を自力で…

M邸は1層目の屋根野地板が敷かれ その野地板上へ更に断熱材100mm厚(硬質ウ

記事を読む

通気胴縁打ち

通気層は24mm厚を標準として来ましたが、市場ではあまり需要が無いようです

M邸の外壁へ通気胴縁打ちが開始されました。   通気胴縁打ち開始[/capt

記事を読む

隅垂木210

今年の秋の梅雨は長いですね…

A邸の建て方作業が進んでいます。 長雨にもめげず、作業は続いています。 ダイジェストで綴

記事を読む

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75

基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維持管理・更新の容易性」を満たし

記事を読む

車庫天井内が2階床下エアコン送風開始地点

車庫天井内が2階床下エアコンの送風開始地点となります

M邸は車庫天井部へ野縁を組み 硬質ウレタンフォームで断熱処

記事を読む

土台桧芯持ち406 ダブル炭化

土台敷き時に、ふたつの防蟻対策を行っています

T邸は基礎工事を終え、宅内外回りの給排水設備工事も終了しました。  

記事を読む

小屋組

小屋組は枠組壁工法を採用しています

M邸の建て方作業 小屋組を製作しています。 寄せ棟に大きなドーマが絡む複雑な屋根

記事を読む

2×4工法 610 410 414 LVL140E 交差点

2×4工法 2階床根太を並べ始めました

M邸の建て方作業 1階の間仕切り壁が全て起き上がりました。  

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
グリッド面格子
単独で取り付ける防犯面格子

樹脂窓へ防犯用途の面格子を単独で取り付けている一連の作業の流れを

自作すのこベッド
建築廃材で、ローベッドフレーム作ってみました

建築発生廃材と傷ものの檜材でローベッドフレームを製作しました。

気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75
基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維

→もっと見る

PAGE TOP ↑