*

基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。

長期優良認定住宅としての条件「維持管理・更新の容易性」を満たしています。

基礎内断熱 基礎天での断熱材カット後全景

基礎内断熱 基礎天での断熱材カット後全景

 

基礎内部は「屋内」として扱います。

 

ハリマハウスでの基礎断熱は基礎外断熱の採用を標準としています。

M邸で初めて基礎内断熱を手掛けます。

 

基礎内断熱 基礎天での断熱材カット後

基礎内断熱 基礎天での断熱材カット後

 

 

断熱材はポリスチレンフォーム保温板75㎜厚を採用しています。

外周部立ち上り部の断熱材は、基礎コンクリート打設時に一体打ちを行っています。

基礎内断熱 基礎天での断熱材カット

基礎内断熱 立上り外周部ポリスチレンフォーム保温板一体打ち
基礎天での断熱材カット

 

基礎天端ラインでの断熱材の切断はパイプソーで行っています。

50㎜厚を超える厚手の硬質フォーム板断熱材の切断は、丸のことパイプソーが有効だと考えています。

100㎜厚の切断も経験しました。

 

 

基礎天端 防蟻テープ230㎜巾貼り状況

基礎天端 防蟻テープ230㎜巾貼り状況

 

基礎天端へは、防蟻テープを貼っています。

基礎立ち上がり部と断熱材との境はテープをまたがせて貼っています。

 

基礎天端 防蟻テープ230㎜巾貼り状況 全景

基礎天端 防蟻テープ230㎜巾貼り状況 全景

 

 

気密バンド貼り状況

気密バンド貼り状況

 

基礎内部は「屋内」の扱いなので、形状記憶性の気密バンドを貼ります。

気密バンド貼り状況 全景

気密バンド貼り状況 全景

 

 

土台・大引は桧芯持ち3寸角を採用しています。

土台炭化後状況

土台炭化後状況

土台は外部面と底面の2面をプロパンガスの炎で炭化させています。

防蟻・防腐効果を見込んでいる理由からです。

 

スタンダードで行っている土台敷きの模様動画です。

 

 

 

土台の炭化させていない面、屋内側面と上面の2面への防蟻対策はホウ酸塩水溶液を塗布しています。

土台上面・屋内側面 ホウ酸塩水溶液塗布状況

土台上面・屋内側面 ホウ酸塩水溶液塗布状況

透明なホウ酸塩水溶液へ顔料を混ぜ青緑色に着色します。

着色して塗布すると写真の様に汚く見えてしまいます・・・(笑)

 

 

基礎内断熱 基礎外周部3尺幅断熱材敷き状況

基礎内断熱 基礎外周部3尺幅断熱材敷き状況

 

基礎内断熱の立ち上がり部断熱材厚は75㎜

基礎内部外周部耐圧盤へ敷き込む断熱材厚は50㎜を採用しています。

敷き込み幅は、外周部より3尺(910㎜)としています。

 

基礎外周部断熱材敷き 目地部発泡ウレタン材充填処理

基礎外周部断熱材敷き 目地部発泡ウレタン材充填処理

ポリスチレンフォーム保温板同士の目地部(継ぎ手部)へは、発泡ウレタン材を充填しています。

 

発泡充填の様子動画です。

 

 

 

 

根太受(大引受)金物取付状況

根太受(大引受)金物取付状況

 

剛床工法(根太レス工法)を採用しています。

根太受け金物は大引の固定アシストとして。

 

基礎内断熱 基礎天端状況

基礎内断熱 基礎天端状況

基礎天端への断熱処理も行います。

 

基礎内断熱 基礎天端断熱状況

基礎内断熱 基礎天端断熱状況

ポリスチレンフォーム保温板75㎜厚を土台厚90㎜厚弱で切断、大引間へ詰めて行きます。

 

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75

厚手の断熱材へは、小回りの利くパイプソーでの切断がおすすめ。

 

基礎内断熱 基礎外周部断熱状況全景

基礎内断熱 基礎外周部断熱状況全景

ここでも断熱材同士の目地部へは発泡充填を行います。

 

 

 

基礎内断熱 剛床工法(根太レス工法)

基礎内断熱 剛床工法(根太レス工法)

 

 

2種のテープ貼り、土台炭化、細部断熱材の切断と詰め込み、発泡充填処理、ホウ酸塩水溶液の塗布

この仕事ボリューム量が1日で行われます。

しかもこれらを大工さん2人の動きを見ながらスキマ時間で行わなくてはならない・・・

このタイトでスリリングさがプロっぽくて好きです。

 

最近は・・ 笑

 

剛床工法(根太レス工法)プラットホーム

剛床工法(根太レス工法)プラットホーム完成

 

 

 

 

最後まで読んで下さった方へ

熱橋について・・

基礎内断熱 基礎立上り断熱材一体打ちセパレーター 屋内側

基礎内断熱 基礎立上り断熱材一体打ちセパレーター 屋内側

↑ 屋内側の基礎型枠固定のセパレーター

 

 

基礎内断熱 基礎立上り断熱材一体打ちセパレーター 屋外側

基礎内断熱 基礎立上り断熱材一体打ちセパレーター 屋外側

 

屋内側の基礎型枠固定のセパレーターは、基礎を貫通し屋外側へと一切出しておりません。

一般的なベタ基礎と同じく、耐圧盤の生コン打設と布部(立上り部)の生コン打設の二部構成です。

屋外側型枠の固定は・・

 

 

可能な限り、熱橋は排除しています。

 

 

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

屋根外張り断熱材と通気垂木と2層目野地板

樹脂フレームトリプルガラス窓を取付ました

T邸の建て方作業 雨の多い時期ですが、工夫しながら工事は進んでいます。 屋根外張

記事を読む

1液型発泡ウレタンフォームスプレー後

1液型発泡ウレタンフォームスプレー缶タイプ

         

記事を読む

捨てコン

T邸は床断熱・付加断熱の工法を採用しています

T邸の基礎工事が開始されています。 T邸の基礎型状はベタ基礎 基礎断熱工

記事を読む

硬質ウレタンフォーム保温板張り終了

2年前、この個所からの漏気を想像出来ずに痛恨の失敗経験をしました

T邸の外壁には硬質ウレタンフォーム保温板(外張り断熱材)

記事を読む

金属サイディングと樹脂サッシ

A邸は外張り断熱メインの付加断熱工法を採用しています

A邸は外張り断熱(硬質ウレタンフォーム保温板t=50)をメインとし、 躯体2×4工法壁内へ断熱材を

記事を読む

床根太

床下、基礎内部は屋外扱いとし、床断熱を行います

T邸の建て方作業 土台・大引きの上へ 一階床根太を並べ終えました。

記事を読む

屋根外張り断熱材

屋根勾配7寸を自力で…

M邸は1層目の屋根野地板が敷かれ その野地板上へ更に断熱材100mm厚(硬質ウ

記事を読む

外張り断熱工法 開口部状況

屋根・壁外張り断熱工法での棟換気部

T邸は構造壁外部へ断熱材を張っています。 この外張り断熱材は、硬質ウレタンフォ

記事を読む

外張り断熱工法時の通気胴縁ジェイエコボ

防蟻対策について

T邸の設計には様々な「防蟻」対策が反映されています。 基礎内部の定期点検を安易に行えるベタ基礎

記事を読む

外張り断熱 硬質ウレタンフォーム断熱材

外張り断熱工法と通気工法の外皮部分について字幕解説付き動画を作成しました

M邸の外張り断熱工法と通気工法の外皮部分構成を 屋根部から1階部まで降りながら

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75
基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維

防火ダンパー付き給排気グリル ファイヤダンパ
防火ダンパー付き給排気グリル装着が標準装備となりました

ここ数年の24時間換気システムは第1種熱交換型を採用しております。

無垢フローリングの浮き補修
フローリングの「浮き」を治す作業動画を作成しました

無垢フローリング材の「浮き」を補修する作業動画を作成しました。

基礎内断熱 立上り外周部セパレータ225mm幅状況
基礎内断熱工法を手がけるのは初めてです

M邸の基礎工事は大詰めを迎えました。 基礎内断熱工法を手がけるの

YUCACOシステム 館内へのSA送風機としての150Φカウンターアローファン
換気経路へはYUCACOシステムの概念を採り入れています

ハリマハウスでは24時間換気システムの施工を自社で行っております。

→もっと見る

PAGE TOP ↑