*

「 通気 」 一覧

通気層は24mm厚を標準として来ましたが、市場ではあまり需要が無いようです

M邸の外壁へ通気胴縁打ちが開始されました。   通気胴縁打ち開始[/caption]   通気胴縁、通気層は24mm厚を確保しています。 実は、これ

続きを見る

屋根通気垂木並べから二層目の野地板敷きの作業の流れ動画を作成しました

屋根通気工法 通気垂木を並べ、二層目の屋根を製作する作業動画を撮影し 字幕解説付きで編集を行い、YouTubeさんへアップロードしました。    

続きを見る

屋内外貫通部へのスリーブ配管を行いました

H邸のフルリフォーム 充填断熱工法を採用し、断熱材は現場発泡断熱材を充填します。     現場発泡断熱材屋根吹付の為のA種押出法ポリスチレンフォーム保温板

続きを見る

屋根通気工法 通気垂木を並べています

外壁はシングル 屋根はダブル 外張り断熱工法、断熱材は硬質ウレタンフォーム保温板50mm厚を採用しています。 M邸は、断熱材をほぼ張り終え、二層目の屋根製作を開始しています。

続きを見る

いや 1階床坪数からして、3棟分あるよねこれ

1階床坪数、54.35坪 「やっても やっても 終らねぇ…」       M邸の建て方作業 2階壁が起き上がりました。 2階壁

続きを見る

屋根材はアスファルトシングルを採用しています

H邸のフルリフォーム 屋根材を葺き始めました。   アスファルトシングルを採用しています。 ニチハ アスファルトシングル アルマ  

続きを見る

樹脂フレームトリプルガラス窓を取付ました

T邸の建て方作業 雨の多い時期ですが、工夫しながら工事は進んでいます。 屋根外張り断熱材の上へ、垂木せい60㎜の通気垂木を並べています。 通気垂木は、硬質ウレタンフォーム保温

続きを見る

屋根工事の下葺きから換気棟取り付けまでの作業動画を作成しました

      M邸とT邸で行われた屋根工事 アスファルトルーフィング下葺きルーフィングから ガルバリウム鋼板横葺 換気棟の取り付

続きを見る

防蟻対策について

T邸の設計には様々な「防蟻」対策が反映されています。 基礎内部の定期点検を安易に行えるベタ基礎を採用しています。 基礎内部は屋外扱いとし、床断熱を行います。

続きを見る

屋根・壁外張り断熱工法での棟換気部

T邸は構造壁外部へ断熱材を張っています。 この外張り断熱材は、硬質ウレタンフォーム 50mm厚 アキレス「キューワンボード」 1枚の大きさは畳1枚分の

続きを見る

追伸:ホームページもご覧ください。
追伸:ホームページもご覧ください。
WIC 可動棚並べ終了
引き渡し直前

WIC 可動棚並べ終了    

半地下基礎 埋め戻し作業
基礎外側断熱 断熱材を後張りにした理由

I市で新築中のT邸の基礎型状は半地下基礎 敷地内の建物配置状況

Apple銀座 2018年クリスマスまであと少し…
動画編集スキル向上への取り組み

作業風景や作業者目線の動画を撮影・編集し、YouTubeさんへアップ

ヒートポンプ式床暖房熱源機 運転設定基盤
蓄熱式床暖房システムの稼動開始時期です

12月に入り、2018年もそろそろ終わりに近づいて来ました。

1F壁プレカット済み材間配り
上棟するまで、時間がかかります

I市で新築中のT邸 構造材のプレカットはハリマハウス置場にて

→もっと見る

PAGE TOP ↑