*

T邸のC値(相当隙間面積)は、0.4c㎡/㎡でした

T邸の気密測定を行いました。

気密測定機

 

 

 

外張り断熱t=50mm、屋根外張り断熱t=100mm

壁・屋根とも屋内側には現場発泡断熱吹付t=140mm
の付加断熱工法が採用されています。

この様な構成から成る断熱仕様の建物の施工は初めてとなります。

相当隙間面積(C値)は

0.4c㎡/㎡

となりました。

 

相当隙間面積

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

気密測定

住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作成しました。 測定速報数

記事を読む

屋根外張り断熱材と通気垂木と2層目野地板

樹脂フレームトリプルガラス窓を取付ました

T邸の建て方作業 雨の多い時期ですが、工夫しながら工事は進んでいます。 屋根外張

記事を読む

防耐火 木質系断熱ドア

キッチンレンジフードは同時給排気型を採用していません

2015年から、キッチンレンジフードは同時給排気型を採用していません。 レンジフード運転時の排

記事を読む

気密測定

現場発泡断熱材が気密断熱システムであっても、現場サイドとしてはそんなことは信じません

T邸の現場発泡断熱材吹付け作業が開始されました。 アイシネン   昨

記事を読む

c値0.4c㎡/㎡

M邸のC値(相当隙間面積)は、0.4c㎡/㎡でした

M邸の気密測定を昨日行いました。     気密測定の結

記事を読む

蓄積式床暖房システムの温もり

相当隙間面積C値 0.34c㎡/㎡で終わるのか? または、先を目指すのか?

今日、S邸の気密測定が行われました。 測定相当隙間面積(C値)は 「0.34c㎡/㎡」

記事を読む

屋根組み雨養生

外張り断熱材を張っています

T邸の建て方作業 毎週訪れて来る台風にもめげず、作業は続いています。 ダイジェストで綴っ

記事を読む

通気胴縁 t=24mm

樹脂防火サッシまわりの気密処理についてと第1種24時間換気システムのSA・RA

M邸は外壁の通気胴縁を打ち始めています。 通気胴縁は杉24×45

記事を読む

野縁せいt=30mm 硬質ウレタンフォーム保温板充填

2階床下エアコン送風スペースは建物外皮部車庫天井となっています

M邸の車庫天井内は、2階床下エアコン送風開始口が在り 冷温風だまりスペースとなります。

記事を読む

硬質ウレタンフォーム保温板張り終了

2年前、この個所からの漏気を想像出来ずに痛恨の失敗経験をしました

T邸の外壁には硬質ウレタンフォーム保温板(外張り断熱材)

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
2001年製エアコンのリモコンとスマートリモコン
2001年製のエアコンをスマートリモコンで外出先から操作出来る?

2001年製のナショナルエアコンを外出先からリモートコントロール出来る

ダイキン デシカホームエア吊り込み
ダイキン デシカホームエアの取り付けガイド動画を作成しました

ダイキンさんの調湿・換気ユニット「デシカホームエア」の 搬入から

グリッド面格子
単独で取り付ける防犯面格子

樹脂窓へ防犯用途の面格子を単独で取り付けている一連の作業の流れを

自作すのこベッド
建築廃材で、ローベッドフレーム作ってみました

建築発生廃材と傷ものの檜材でローベッドフレームを製作しました。

気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

→もっと見る

PAGE TOP ↑