*

2階床下エアコン送風スペースは建物外皮部車庫天井となっています

車庫天井内が2階床下エアコン送風開始地点

M邸の車庫天井内は、2階床下エアコン送風開始口が在り
冷温風だまりスペースとなります。

天井㎡数、約23㎡

建物の外皮となります。

2階床下エアコン気道内断熱処理

硬質ウレタンフォーム保温板(断熱材)t=100mmを敷いています。

更に、天井野縁せいt=30mmを硬質ウレタンフォーム保温板t=30mmで同等とし
合計断熱材厚t=130mmとしています。

2階床下エアコン野縁吊り木

構造上、やむお得ない吊り木個所

野縁せいt=30mm 硬質ウレタンフォーム保温板充填

断熱欠損部への断熱補強として、野縁間へ
硬質ウレタンフォーム保温板t=30mmを挾みこんでいます。

車庫天井内は、2階床下エアコン送風スペースが存在することが必須となります。

車庫天井内、2階床下エアコン送風スペース

天井内は全て繋がっていなければならない…
つまり、直に桁梁躯体へ断熱材を固定することは出来ません。

2階床下エアコンを熱ムラなく機能させるには
必ず「空間」を開けることが重要です。

階下が屋外となるビルトインガレージ且つ建物外皮

更に床下エアコン送風拠点

大工さんは何層にも気密防水テープを
愚痴をこぼさず黙々と貼ってくれました。

2階床下エアコンを想定内
想定以上の機能発揮を期待したいと言う願があり…

車庫天井建物外皮部気密防水テープ張り

見た目よりも機能を優先させている
気密防水テープの張り方であります。

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

断熱木質玄関ドア ドアクローザ取付後

かなりタフな1日でした

断熱木質玄関ドア ドアの養生を行う前に、ドアクローザの取付を行います。 断熱木質玄関ド

記事を読む

2階天井野縁

2階床には床下エアコン方式を採用します

M邸は二階天井野縁を先行して組んでいます。

記事を読む

気密測定

現場発泡断熱材が気密断熱システムであっても、現場サイドとしてはそんなことは信じません

T邸の現場発泡断熱材吹付け作業が開始されました。 アイシネン   昨

記事を読む

200mmビス結び

外張り断熱工法のケースでは、屋根は二度製作します

M邸の建て方作業は屋根の2層目を製作しています。 1層目屋根に

記事を読む

外張り断熱工法 開口部状況

屋根・壁外張り断熱工法での棟換気部

T邸は構造壁外部へ断熱材を張っています。 この外張り断熱材は、硬質ウレタンフォ

記事を読む

防火樹脂窓廻りへの発泡ウレタン充填

防火樹脂窓 枠廻りへの発泡ウレタン充填とカット

先日行った作業   M邸の防火樹脂窓、サッシ枠部へ断熱・気密補強として

記事を読む

気密測定 相当隙間面積 C=0.2c㎡/㎡

気密測定が行われた結果…

(もしかして、0.1c㎡/㎡ とか… それ以下とか 出ちゃうとか…)  

記事を読む

外張り断熱 硬質ウレタンフォーム断熱材

外張り断熱工法と通気工法の外皮部分について字幕解説付き動画を作成しました

M邸の外張り断熱工法と通気工法の外皮部分構成を 屋根部から1階部まで降りながら

記事を読む

蓄積式床暖房システムの温もり

相当隙間面積C値 0.34c㎡/㎡で終わるのか? または、先を目指すのか?

今日、S邸の気密測定が行われました。 測定相当隙間面積(C値)は 「0.34c㎡/㎡」

記事を読む

収納箱に収まる2階床下エアコン

2階床下エアコンが稼働しています

M邸の2階には「床下エアコン」が搭載されています。   2階キッチン背

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75
基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維

防火ダンパー付き給排気グリル ファイヤダンパ
防火ダンパー付き給排気グリル装着が標準装備となりました

ここ数年の24時間換気システムは第1種熱交換型を採用しております。

無垢フローリングの浮き補修
フローリングの「浮き」を治す作業動画を作成しました

無垢フローリング材の「浮き」を補修する作業動画を作成しました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑