*

屋根勾配7寸を自力で…

屋根外張り断熱材

M邸は1層目の屋根野地板が敷かれ
その野地板上へ更に断熱材100mm厚(硬質ウレタンフォーム)が敷かれました。
アキレス キューワンボード

屋根勾配違い

棟部は、7寸勾配同士の部分と
棟違いとせず7寸と2寸勾配ドーマ部分とが
同一ラインで棟を通しています。

断熱補強
今回は勾配違いの棟同士の複雑な個所なので
硬質ウレタンフォーム保温板がフォロー出来ない棟部個所には
現場型状に追随可能な一液性ウレタンフォームを充填しています。

隅垂木部屋根外張り断熱状況

断熱材同士の取り合い部(継ぎ目)へは
気密・防水テープ50mm幅を目張りします。

気密の界面はこの個所となります。

気密界面への気密・防水テープ目張り

屋根7寸勾配の硬質ウレタンフォーム保温板の上は
スニーカーでは滑ってしまいます。
(野地板上なら登りましたが… )

屋根7寸勾配

大工さんは1人でこの7寸勾配屋根上に硬質ウレタンフォーム敷き詰めました。

硬質ウレタンフォーム保温板50mm厚敷きを、2回(計100mm)

屋根断熱材だけで、1820 × 910 /mm硬質ウレタンフォーム保温板(畳一枚)を
約150枚…

外張り断熱材と先張りシートの併用

7寸勾配を自力でと考えると、、、

敬服してしまいます。

外張り断熱材屋根部 t=100mm

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

屋根外張り断熱材と通気垂木と2層目野地板

樹脂フレームトリプルガラス窓を取付ました

T邸の建て方作業 雨の多い時期ですが、工夫しながら工事は進んでいます。 屋根外張

記事を読む

屋根部現場発泡断熱材吹付け状況

2物件で行われている付加断熱は、異なる種類の断熱材を採用しています

T邸とA邸 共に外断熱+充填断熱の付加断熱工法を採用しています。 屋根部は硬質ウ

記事を読む

床暖熱 大引きと根太状況

床暖熱工法を採用しています

床暖熱工法は現場発泡断熱材の吹付け工法を採用します。 土台・大引き三寸五分角(105mm角)と

記事を読む

蓄熱コンクリート製作 架橋ポリエチレン管配管 不凍液通水圧テスト完了

「蓄熱式床暖房システム導入JV」、現場作業が始まりました

今年の3月、O設計事務所さんより設計・施工する新築へ ハリマハウスの「蓄熱式床暖房システム」を

記事を読む

腕木の通気スリット

屋根外張り断熱材が敷かれ通気垂木が並びました

T邸は屋根外張り断熱材100mmが敷かれ、通気垂木が並びました。

記事を読む

金属サイディングと樹脂サッシ

A邸は外張り断熱メインの付加断熱工法を採用しています

A邸は外張り断熱(硬質ウレタンフォーム保温板t=50)をメインとし、 躯体2×4工法壁内へ断熱材を

記事を読む

気密測定

住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作成しました。 測定速報数

記事を読む

断熱木質玄関ドア

蓄熱コンクリート打設前の木工作業区分が終了しました

T邸の1階床へ蓄熱コンクリート打設に向けた段取りが開始されています。  

記事を読む

車庫天井内が2階床下エアコン送風開始地点

車庫天井内が2階床下エアコンの送風開始地点となります

M邸は車庫天井部へ野縁を組み 硬質ウレタンフォームで断熱処

記事を読む

防火樹脂窓廻りへの発泡ウレタン充填

防火樹脂窓 枠廻りへの発泡ウレタン充填とカット

先日行った作業   M邸の防火樹脂窓、サッシ枠部へ断熱・気密補強として

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75
基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維

防火ダンパー付き給排気グリル ファイヤダンパ
防火ダンパー付き給排気グリル装着が標準装備となりました

ここ数年の24時間換気システムは第1種熱交換型を採用しております。

無垢フローリングの浮き補修
フローリングの「浮き」を治す作業動画を作成しました

無垢フローリング材の「浮き」を補修する作業動画を作成しました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑