*

住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作成しました。

測定速報数値、相当隙間面積 C=0.3c㎡/㎡でした。

 

 

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

気密測定結果 第2回目

気密測定はつらいよ

2018年10月に引渡しを行ったM邸の気密測定を行いました。 Y邸 2018年10月[/ca

記事を読む

c値0.4c㎡/㎡

M邸のC値(相当隙間面積)は、0.4c㎡/㎡でした

M邸の気密測定を昨日行いました。     気密測定の結

記事を読む

200mmビス結び

外張り断熱工法のケースでは、屋根は二度製作します

M邸の建て方作業は屋根の2層目を製作しています。 1層目屋根に

記事を読む

外張り断熱 硬質ウレタンフォーム断熱材

外張り断熱工法と通気工法の外皮部分について字幕解説付き動画を作成しました

M邸の外張り断熱工法と通気工法の外皮部分構成を 屋根部から1階部まで降りながら

記事を読む

相当隙間面積

T邸のC値(相当隙間面積)は、0.4c㎡/㎡でした

T邸の気密測定を行いました。      

記事を読む

樹脂フレームトリプルガラステラスドア鍵

高気密性能を選ぶか?開閉のスムーズさを選ぶか?

T邸には樹脂フレームトリプルガラス窓が採用されています。 テラスドアの開閉調整を行っています。

記事を読む

断熱木質玄関ドア ドアクローザ取付後

かなりタフな1日でした

断熱木質玄関ドア ドアの養生を行う前に、ドアクローザの取付を行います。 断熱木質玄関ド

記事を読む

外張り断熱材 硬質ウレタンフォーム保温板と通気胴縁t=24mm

外張り断熱工法時のはね出しバルコニー部の通気処置はこの様な収まり方としています

M邸は外張り断熱工法を採用しています。 建築体、外皮壁

記事を読む

半地下基礎 埋め戻し作業

基礎外側断熱 断熱材を後張りにした理由

I市で新築中のT邸の基礎型状は半地下基礎 敷地内の建物配置状況としてはタイトなケースです。

記事を読む

基礎内断熱 立上り外周部セパレータ225mm幅状況

基礎内断熱工法を手がけるのは初めてです

M邸の基礎工事は大詰めを迎えました。 基礎内断熱工法を手がけるのは初めてです。 &nbs

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
2F床
明日は引き渡し日です

ヒートポンプ式蓄熱床冷・暖房 タイマー設定 A市で新築中のS邸は

ホウ酸塩水溶液塗布後状況 北西角部
防蟻処理と通気処理

I市で新築中のT邸  防蟻処理を行なっています。

ZEH 屋根断熱材設置後写真全景南西方向
ZEH 屋根断熱材配置後状況写真を撮影

    ZEH 屋根断熱材設置後写真

WIC 可動棚並べ終了
引き渡し直前

WIC 可動棚並べ終了    

半地下基礎 埋め戻し作業
基礎外側断熱 断熱材を後張りにした理由

I市で新築中のT邸の基礎型状は半地下基礎 敷地内の建物配置状況

→もっと見る

PAGE TOP ↑