*

蓄熱コンクリート 表層脆弱部へ行った処理について

「掃いても 掃いても 

ちっとも綺麗になんねぇ・・」

 

M邸の蓄熱コンクリート

表層部分の一部が粉っぽくなり、どうやら一部分が表面硬化不良となっている様子です。

 

 

 

 

M邸の蓄熱コンクリート打設は2回(2日)に分けて打設を行いました。

 

蓄熱コンクリート均し一回目

1回目は、2016年12月27日

 

蓄熱コンクリート均し

2回目は、12月29日

 

 

蓄熱コンクリート打設押さえ2

共に年末のコンクリート打設でした。

 

写真の一部

部分的におよそ1㎡角弱程度の数個所で、蓄熱コンクリート表層部分からの粉ふき現象が確認されました。

放射冷却による打設コンクリート表層への凍害であるのならば

全ての個所、つまり「全面」であったとしたならば合点が行くのですが・・

 

 

蓄熱コンクリート表層凍個所 面荒らし

蓄熱コンクリート表層面の凍個所をブラシで面荒らし

粉ふき個所については、左官用洗い刷毛(洗いブラシ)で根気よくブラッシングを行い

蓄熱コンクリート表層部分の脆弱個所を荒らします。

吸塵機で吸い取り、更にブロアの強風で表層面の粉気を吹き飛ばします。

 

 

処理後、浸透性プライマー剤を蓄熱コンクリート表面へ塗布します。

脆弱個所だけではなく、M邸1階床面積約178㎡

例外無く浸透性プライマーを塗布して行きます。

 

 

蓄熱コンクリート表面塗布プライマー

蓄熱コンクリート表面を強固にする為に塗布を行うプライマー材

 

表層部非皮膜タイプ、浸透性プライマーを採用しています。

吸水調整材塗膜形成タイプの採用は避けています。

 

 

 

 

プライマー2倍希釈液

プライマー(原液):水道水(希釈液)、1:1の2倍希釈液プライマー液

 

 

プライマー2倍希釈液蓄熱コンクリートローラー塗布

プライマー2倍希釈液を蓄熱コンクリート表面へローラー塗布しています

 

 

 

 

当初、水:プライマー 1:1の2倍希釈液として塗布を行いましたが、

 

浸透性プライマー原液蓄熱コンクリート ローラー塗布開始前

浸透性プライマー原液を蓄熱コンクリート表面へローラー塗布開始

 

塗布後のコンクリート面状況を観察し、手応え的に

浸透性プライマーの原液塗布へとシフトする判断としました。

 

浸透性プライマー原液を蓄熱コンクリート表面へローラー塗布しています

浸透性プライマー原液を蓄熱コンクリート表面へローラー塗布しています

 

 

浸透性プライマー原液 蓄熱コンクリート表面 ローラー塗布階段部状況

浸透性プライマー原液を階段付近蓄熱コンクリート表面へローラー塗布しています

 

浸透性プライマー原液を和室蓄熱コンクリート表面へローラー塗布後

浸透性プライマー原液を和室蓄熱コンクリート表面へローラー塗布後

 

 

 

浸透性タイプと吸水調整塗膜形成タイプ

共に白濁液で、見た目ではとても似ていますが、効用は全く違うものとなります。

 

 

2×4工法 躯体全景

構造躯体全景

 

 

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

襖紙刷毛糊付け

床養生をはがしました

T邸の床養生を全てはがしました。   明日はハウスクリーニングが行われ

記事を読む

無垢フローリングの浮き補修

フローリングの「浮き」を治す作業動画を作成しました

無垢フローリング材の「浮き」を補修する作業動画を作成しました。 DIYのご参考となれれば嬉しい

記事を読む

イタリアの日本で言う「県」のシンボル旗だそうです

断熱木質玄関ドアの調整

2015年5月にお引渡しをした、P邸へ訪れました。    

記事を読む

LIXILエコエア90天井吊込樹脂SA・RAダクトホース配管状況

LIXILエコエア90 樹脂タイプのダクトホースを採用しています

A邸は第一種熱交換換気システムを採用しています。 LIXILエコエア90 を天井吊込み

記事を読む

土間床基礎、鉄筋配筋作業開始

鉄筋結束機で補強筋結びの助っ人をやってみた

T邸の基礎工事 基礎形状は土間床(逆ベタ)基礎です。 捨てコン打設終了後の養生期間が明け

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75
基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維

防火ダンパー付き給排気グリル ファイヤダンパ
防火ダンパー付き給排気グリル装着が標準装備となりました

ここ数年の24時間換気システムは第1種熱交換型を採用しております。

無垢フローリングの浮き補修
フローリングの「浮き」を治す作業動画を作成しました

無垢フローリング材の「浮き」を補修する作業動画を作成しました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑