鵜野日出男先生が10月6日に亡くなられたと、息子様からご連絡いただきました。昨年10月にお目にかかった時は大変元気だっただけに誠に残念に思います。

鵜野日出男先生が、お客様の生の声に直接耳を傾け導き出した教えは、私のなかに真直ぐに入ってくるものでした。

完了時全戸気密測定をする。

高断熱高気密住宅に専念する。

東京の夏に必要なものは相対湿度コントロール。

枠組壁工法の防火性、耐震性、合理性。

冷気は移動しない。冷熱を運ぶ技術が重要。

等々

お陰様で教えて頂いたことをハリマハウスの建物に反映することができ、お客様に喜んで頂いています。これからも鵜野日出男先生の教えを守り、高断熱・高気密住宅の普及に邁進するとともに、より快適な建物へと前進して参ります。

ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。