*

「 気密測定 」 一覧

住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作成しました。 測定速報数値、相当隙間面積 C=0.3c㎡/㎡でした。     http

続きを見る

M邸のC値(相当隙間面積)は、0.4c㎡/㎡でした

M邸の気密測定を昨日行いました。     気密測定の結果は、相当隙間面積(c値)は0.4c㎡/㎡ 外張り断熱 硬質ウレタンフォーム保温板t=50mm

続きを見る

T邸のC値(相当隙間面積)は、0.4c㎡/㎡でした

T邸の気密測定を行いました。       外張り断熱t=50mm、屋根外張り断熱t=100mm 壁・屋根とも屋内側には現場発泡断熱吹

続きを見る

相当隙間面積C値 0.34c㎡/㎡で終わるのか? または、先を目指すのか?

今日、S邸の気密測定が行われました。 測定相当隙間面積(C値)は 「0.34c㎡/㎡」 だったそうです。 S邸は現場発泡充填断熱工法を採用しています。 発泡充

続きを見る

差圧給気口の仕組み

K邸の気密測定を行いました。 C値は0.2c㎡/㎡ 大変良い数字となりホッとしています。 気密測定[/caption] K邸には差圧給気レジスターを採用しています。 差圧給気口が作

続きを見る

追伸:ホームページもご覧ください。
追伸:ホームページもご覧ください。
グリッド面格子
単独で取り付ける防犯面格子

樹脂窓へ防犯用途の面格子を単独で取り付けている一連の作業の流れを

自作すのこベッド
建築廃材で、ローベッドフレーム作ってみました

建築発生廃材と傷ものの檜材でローベッドフレームを製作しました。

気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75
基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維

→もっと見る

PAGE TOP ↑