*

システムバス床下は屋内扱いとし、基礎内断熱工法を採用しています

H邸のフルリフォーム

床下基礎内は屋外扱いとし、床断熱工法を採用しています。

断熱材は現場発泡断熱材を吹付ます。

床暖熱工法を採用しています

例外として、システムバスの床下は屋内扱いとし基礎内断熱工法の採用となります。

 

基礎内断熱 SB床下架台ボルト脚部穴あけ

基礎内断熱
SB床下架台ボルト脚部への断熱材穴あけ

ボルト脚、脚部6ヶ所へは120φのホルソーで穴を開けています。

 

基礎内断熱 断熱材3種b 計100mm厚

断熱材3種b
50mm厚×2枚

断熱材はポリスチレンフォーム保温板50mm厚を2枚重ねています。

スタイロエース™-Ⅱ

 

基礎内断熱 断熱材3種b 50mm厚×2枚

基礎内断熱 
断熱材3種b 50mm厚×2枚

 

基礎内断熱 断熱材3種b敷き終了

基礎内断熱 
断熱材3種b敷き終了

 

 

基礎内断熱 断熱材3種b敷き終了北東方向

基礎内断熱 
断熱材敷き終了北東方向

 

基礎立ち上がり部へは、現場発泡断熱材現場発泡断熱材吹付、

平均100mm厚を吹付ける予定です。

明後日から、現場発泡断熱材吹付作業が開始されます。

 

 

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

耐力壁パネルと外張り断熱材分合わせ詳細

外張り断熱開口部分木枠

M邸は外張り断熱材を張る段階を迎えています。 耐力壁パネルの上へは 一ヶ月前より

記事を読む

硬質ウレタンフォーム保温板50mmを二重

T邸は付加断熱工法を採用しています

T邸は屋根、一層目野地板を敷き終え 屋根外張り断熱材も敷き終えています。

記事を読む

外張り断熱材 硬質ウレタンフォーム保温板と通気胴縁t=24mm

外張り断熱工法時のはね出しバルコニー部の通気処置はこの様な収まり方としています

M邸は外張り断熱工法を採用しています。 建築体、外皮壁

記事を読む

基礎内断熱 立上り外周部セパレータ225mm幅状況

基礎内断熱工法を手がけるのは初めてです

M邸の基礎工事は大詰めを迎えました。 基礎内断熱工法を手がけるのは初めてです。 &nbs

記事を読む

気密測定

現場発泡断熱材が気密断熱システムであっても、現場サイドとしてはそんなことは信じません

T邸の現場発泡断熱材吹付け作業が開始されました。 アイシネン   昨

記事を読む

ポンプ圧送車ブーム侵入

フルリフォーム 防湿コンクリート打設を行いました

H邸のフルリフォーム 既存基礎型状は布基礎です。 防湿コンクリート打設を行いまし

記事を読む

屋根外張り断熱材と通気垂木と2層目野地板

樹脂フレームトリプルガラス窓を取付ました

T邸の建て方作業 雨の多い時期ですが、工夫しながら工事は進んでいます。 屋根外張

記事を読む

屋根キューワンボード敷きトップライト付近

断熱材のアルミ箔面材、日射反射がこの時期は暖かくありがたいものでした

4月の陽気から一転 今日は寒く風の強い日でした。   M邸は屋根への断熱

記事を読む

床暖熱 大引きと根太状況

床暖熱工法を採用しています

床暖熱工法は現場発泡断熱材の吹付け工法を採用します。 土台・大引き三寸五分角(105mm角)と

記事を読む

金属サイディングと樹脂サッシ

A邸は外張り断熱メインの付加断熱工法を採用しています

A邸は外張り断熱(硬質ウレタンフォーム保温板t=50)をメインとし、 躯体2×4工法壁内へ断熱材を

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
ダイキン デシカホームエア吊り込み
ダイキン デシカホームエアの取り付けガイド動画を作成しました

ダイキンさんの調湿・換気ユニット「デシカホームエア」の 搬入から

グリッド面格子
単独で取り付ける防犯面格子

樹脂窓へ防犯用途の面格子を単独で取り付けている一連の作業の流れを

自作すのこベッド
建築廃材で、ローベッドフレーム作ってみました

建築発生廃材と傷ものの檜材でローベッドフレームを製作しました。

気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

→もっと見る

PAGE TOP ↑