*

現場発泡断熱材の吹付作業が始まりました

H邸のフルリフォーム

屋根、外壁部、床断熱部への現場発泡断熱材現場発泡断熱材吹付作業が開始されました。

 

吹付硬質ウレタンフォーム 屋根隅垂木部吹付施行中

吹付硬質ウレタンフォーム 
屋根隅垂木部吹付施行中

 

 

屋根部の吹き厚、200mm以上

外壁部の吹き厚、105mm

床断熱部の吹き厚、150mm

と、吹き厚の設定を行なっています。

 

 

吹付硬質ウレタンフォーム 屋根裏吹付作業中

吹付硬質ウレタンフォーム 
屋根裏吹付作業中

 

 

吹付硬質ウレタンフォーム屋根裏吹付状況

吹付硬質ウレタンフォーム
屋根裏吹付状況

 

 

 

スプレーヤーさんは、吹付を行いながら

こまめに、吹き厚をゲージで測っています。

この度は、軟質ウレタンは採用しておりません。

100倍発泡断熱材ではありませんので、こまめにゲージをあてがいながら

吹き厚の確認を行なっています。

 

今日現在日本で吹き付けられている100倍発泡軟質ウレタンの熱伝導率は 0.038W/mK

高性能グラスウール 断熱材の熱伝導率16K相当 0.038W/mKと同等となります。

高性能グラスウール 断熱材の熱伝導率24K相当 0.036W/mKより性能値は劣っています。

硬質ウレタンフォームの熱伝導率は0.036W/mK

 

断熱パフォーマンスとH邸のフルリフォームでの施工性から

現場発泡断熱材は硬質ウレタンフォームを採用しました。

 

(個人として、以下リンク先のなぜ0.039w/mkなのかについて

なぜ日本ではこの仕様になったのかの理由は

実際現場で起こった現象をこの目で見ていまして、間違いなくその現象が日本での仕様変更への引き金となったと考えています

://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11159788326 )

 

 

吹付硬質ウレタンフォーム 屋根隅垂木部吹付施行中吹き厚ゲージ確認中

吹付硬質ウレタンフォーム
屋根隅垂木部吹付施行
吹き厚ゲージ確認中

 

 

吹付硬質ウレタンフォーム 鉄骨梁吹付状況

吹付硬質ウレタンフォーム 
鉄骨梁吹付状況

 

 

吹付硬質ウレタンフォーム 屋根部吹き厚200mm以上

吹付硬質ウレタンフォーム 
屋根部吹き厚200mm以上

 

 

 

吹付硬質ウレタンフォーム 削ぎ落とし状況

吹付硬質ウレタンフォーム 
削ぎ落とし状況

 

 

 

断熱材の選定は、現場のロケーションにより適材が在ります。

ブランドで選定すべきではありません。

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

基礎外断熱材H=600mmの切断

土間床基礎(逆ベタ基礎)、セルフレベリング材養生が終わりました

M邸の基礎工事 土間床基礎(逆ベタ基礎)、耐圧盤打設後に行ったセルフレベリング材流し込み後の養

記事を読む

屋根勾配7寸の雪降ろし

7寸勾配屋根の雪降ろし作業目線をウェアラブルカメラで撮影した動画を作成しました

M邸の屋根雪降ろし作業を、ウエアラブルカメラで撮影した動画を作成しました。 M

記事を読む

外張り断熱材 硬質ウレタンフォーム保温板と通気胴縁t=24mm

外張り断熱工法時のはね出しバルコニー部の通気処置はこの様な収まり方としています

M邸は外張り断熱工法を採用しています。 建築体、外皮壁

記事を読む

硬質ウレタンフォーム保温板50mmを二重

T邸は付加断熱工法を採用しています

T邸は屋根、一層目野地板を敷き終え 屋根外張り断熱材も敷き終えています。

記事を読む

基礎内断熱 SB床下架台ボルト脚部穴あけ

システムバス床下は屋内扱いとし、基礎内断熱工法を採用しています

H邸のフルリフォーム 床下基礎内は屋外扱いとし、床断熱工法を採用しています。 断熱材は現

記事を読む

基礎内断熱 立上り外周部セパレータ225mm幅状況

基礎内断熱工法を手がけるのは初めてです

M邸の基礎工事は大詰めを迎えました。 基礎内断熱工法を手がけるのは初めてです。 &nbs

記事を読む

屋根キューワンボード敷きトップライト付近

断熱材のアルミ箔面材、日射反射がこの時期は暖かくありがたいものでした

4月の陽気から一転 今日は寒く風の強い日でした。   M邸は屋根への断熱

記事を読む

硬質ウレタンフォーム保温板張り終了

2年前、この個所からの漏気を想像出来ずに痛恨の失敗経験をしました

T邸の外壁には硬質ウレタンフォーム保温板(外張り断熱材)

記事を読む

床暖熱 大引きと根太状況

床暖熱工法を採用しています

床暖熱工法は現場発泡断熱材の吹付け工法を採用します。 土台・大引き三寸五分角(105mm角)と

記事を読む

外張り断熱 硬質ウレタンフォーム断熱材

外張り断熱工法と通気工法の外皮部分について字幕解説付き動画を作成しました

M邸の外張り断熱工法と通気工法の外皮部分構成を 屋根部から1階部まで降りながら

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75
基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維

防火ダンパー付き給排気グリル ファイヤダンパ
防火ダンパー付き給排気グリル装着が標準装備となりました

ここ数年の24時間換気システムは第1種熱交換型を採用しております。

無垢フローリングの浮き補修
フローリングの「浮き」を治す作業動画を作成しました

無垢フローリング材の「浮き」を補修する作業動画を作成しました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑