*

基礎内断熱工法を手がけるのは初めてです

M邸の基礎工事は大詰めを迎えました。

基礎内断熱工法を手がけるのは初めてです。

 

基礎内断熱 立上り外周部ポリスチレンフォーム保温板一体打ち状況

基礎内断熱 立上り外周部ポリスチレンフォーム保温板一体打ち状況

 

外周部布基礎部(外周部立上り部)は可能な限りコンクリート打設時に一体打ちを行っています。

 

布基礎部分(基礎立ち上がり)生コン打設前状況

布基礎部分(基礎立ち上がり)生コン打設前状況

 

外周部基礎へ直角に接する内間仕切り基礎は、型枠解体後張りとしています。

外周部の耐圧盤上にも後日ポリスチレンフォーム保温板を敷き込みます。

 

布基礎部分(基礎立ち上がり)生コン打設前外周部状況

布基礎部分(基礎立ち上がり)生コン打設前外周部状況

 

外周基礎布部の断熱材厚は75mm厚

外周基礎耐圧盤上に敷く断熱材は50mm厚

を採用します。

 

基礎内断熱 布基礎部分(基礎立上り)生コン打設前開始状況

基礎内断熱 布基礎部分(基礎立上り)生コン打設前開始状況

 

基礎内断熱 立上り外周部セパレータ225mm幅状況

基礎内断熱 立上り外周部セパレータ225mm幅状況

 

基礎幅150mm+断熱材厚み75mm=225mm

基礎内断熱工法断熱材一体打ちとする為、外周部のセパレータは225mmを採用しています。

 

基礎内断熱 立上り内間仕切り部セパレータ150mm幅状況

基礎内断熱 立上り内間仕切り部セパレータ150mm幅状況

 

布部内間仕切り基礎は、一般的な150mm幅のセパレータを採用

基礎内部は屋内扱いとします。

 

基礎内断熱 生コン打設立上り部撮影者鏝均し状況

基礎内断熱 生コン打設立上り部撮影者鏝均し状況

 

 

布部(立上り部)基礎コンクリート打設終了後、続けて天端レベラーを流し込みます。

 

基礎内断熱 布基礎部分(基礎立上り)レベラー流し込み開始状況

基礎内断熱 布基礎部分(基礎立上り)レベラー流し込み開始状況

 

天端レベラー流し込みガイド

天端レベラー流し込みガイド

 

レベラー流し込みの際の基礎天端の陸(水平)は、あらかじめガイド(当り)を仕込んで置きます。

 

天端レベラー流し込みガイド 流し込み前状況

天端レベラー流し込みガイド 流し込み前状況

 

 

黄色い物体は布基礎の配筋へ何ヶ所へも仕込まれ、それらは全て「水平」に固定されています。

天端レベラーは、黄色い物体の頭をガイドに流し込まれます。

 

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

屋根部現場発泡断熱材吹付け状況

2物件で行われている付加断熱は、異なる種類の断熱材を採用しています

T邸とA邸 共に外断熱+充填断熱の付加断熱工法を採用しています。 屋根部は硬質ウ

記事を読む

コンクリートバイブレータ

土間床基礎 耐圧盤生コンクリート打設

S邸の基礎工事 土間床基礎(逆べた基礎)の生コンクリート打設、打ち込み開始から

記事を読む

基礎内断熱 SB床下架台ボルト脚部穴あけ

システムバス床下は屋内扱いとし、基礎内断熱工法を採用しています

H邸のフルリフォーム 床下基礎内は屋外扱いとし、床断熱工法を採用しています。 断熱材は現

記事を読む

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75

基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維持管理・更新の容易性」を満たし

記事を読む

土間床基礎(逆ベタ基礎)耐圧盤コンクリート打設終了

一般住宅での耐圧盤コンクリート打設総量、62.5m3はなかなかありません

M邸の新築工事 基礎工事は11月14日より開始されております。  

記事を読む

外張り断熱材とアスファルトルーフィング下葺

外張り断熱工法場合では、壁と屋根との取り合い部はこうした気密処置を行っています

M邸の建て方作業 本年度の作業は今日で終了です。 前回、屋根外張

記事を読む

地業作業

K邸 基礎工事 地業作業 プレート転圧

K邸の基礎工事 基礎型状は土間床基礎(逆ベタ基礎) 根切り作業を終え、 地業作

記事を読む

硬質ウレタンフォーム 外張り断熱作業中

外張り断熱工法の作業動画をYouTubeさんへアップロードしました

外張り断熱工法、作業動画を撮影し 字幕解説付き編集・作成しました。 外断熱の作業動画のu

記事を読む

屋根外張り断熱材と通気垂木と2層目野地板

樹脂フレームトリプルガラス窓を取付ました

T邸の建て方作業 雨の多い時期ですが、工夫しながら工事は進んでいます。 屋根外張

記事を読む

根切り 掘削土

ユンボの車窓から

T邸(H市)の基礎工事が開始されています。   「根切り」作業で掘削さ

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75
基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維

防火ダンパー付き給排気グリル ファイヤダンパ
防火ダンパー付き給排気グリル装着が標準装備となりました

ここ数年の24時間換気システムは第1種熱交換型を採用しております。

無垢フローリングの浮き補修
フローリングの「浮き」を治す作業動画を作成しました

無垢フローリング材の「浮き」を補修する作業動画を作成しました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑