*

蓄熱コンクリート打設前の木工作業区分が終了しました

T邸の1階床へ蓄熱コンクリート打設に向けた段取りが開始されています。

蓄熱コンクリート打設前の気密シート張り終了

 

 

 

 

 

床部、気密シート張り終了
床断熱は、写真、床合板裏(床下)へ現場発泡断熱材230mm厚の吹き付けを行います。

 

 

 

 

床蓄熱コンクリート層60mm

蓄熱コンクリート厚は60mmを確保し、仕上げはフローリング材15mm厚を敷き詰めます。

 

 

 

 

和室蓄熱コンクリート層45mm厚

四畳半和室は30mmの畳敷きとなりますので、フローリング材と高さを合わせる為
蓄熱コンクリート厚は45mmで打設します。

床合板上に気密シートを敷き、気密防水テープで目張りを行います。

 

 

 

蓄熱コンクリート打設段取り

外周部・間仕切り壁部へは蓄熱コンクリート流出を防ぐ為に駒(転び止めを転用した考え方です)を仕込み

蓄熱コンクリート天端の当りとしての役割を担う桟木を打ち

 

 

 

緩衝材としての用途となるポリスチレンフォーム保温板

木部と蓄熱コンクリート部との取り合い部への緩衝材としてポリスチレンフォーム保温板を打ち付けています。

木工事の作業区分はここまでとなり
蓄熱コンクリート内部を巡るポリエチレン管配管作業を行う設備屋さんへバトンタッチとなります。

 

 

 

 

断熱木質玄関ドア

断熱木質玄関ドアが取り付きました。

 

 

 

 

バルコニー部FRP防水

2階バルコニー部へのFRP防水作業も行われています。

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

電動コテ 均し作業

「蓄熱式床暖房システム導入JV」 電動コテによるコンクリート均し作業の動画を作成しました

O設計事務所さんの、設計・施工する I様邸新築へ ハリマハウスの「蓄熱式床暖房システム」を導入

記事を読む

200mmビス結び

外張り断熱工法のケースでは、屋根は二度製作します

M邸の建て方作業は屋根の2層目を製作しています。 1層目屋根に

記事を読む

1液型発泡ウレタンフォームスプレー後

1液型発泡ウレタンフォームスプレー缶タイプ

         

記事を読む

after 外壁

ハリマハウスの家つくりの最上位にある自信作とは「蓄熱式床暖房システム」だと考えています

K邸の外壁リフォーム工事が そろ

記事を読む

気密測定 相当隙間面積 C=0.2c㎡/㎡

気密測定が行われた結果…

(もしかして、0.1c㎡/㎡ とか… それ以下とか 出ちゃうとか…)  

記事を読む

蓄熱コンクリート養生一週間後

2017年が起動しました

2017年 明けましておめでとうございます。 本年度も、更なる住空間の「快適な温熱環境」

記事を読む

外張り断熱工法 開口部状況

屋根・壁外張り断熱工法での棟換気部

T邸は構造壁外部へ断熱材を張っています。 この外張り断熱材は、硬質ウレタンフォ

記事を読む

気密測定

現場発泡断熱材が気密断熱システムであっても、現場サイドとしてはそんなことは信じません

T邸の現場発泡断熱材吹付け作業が開始されました。 アイシネン   昨

記事を読む

蓄熱コンクリート ポンプ圧送

「蓄熱式床暖房システム導入JV」、蓄熱コンクリート打設を行いました

O設計事務所さんの、設計・施工する新築へ ハリマハウスの「蓄熱式床暖房システム」を導入したいと

記事を読む

手洗い器

冷え込んだ体感には、有難かった蓄熱式床暖房の試運転

S邸の設備作業を行いました。 蓄熱式床暖房システムの熱源機を接続し 試運転を行っ

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
ダイキン デシカホームエア吊り込み
ダイキン デシカホームエアの取り付けガイド動画を作成しました

ダイキンさんの調湿・換気ユニット「デシカホームエア」の 搬入から

グリッド面格子
単独で取り付ける防犯面格子

樹脂窓へ防犯用途の面格子を単独で取り付けている一連の作業の流れを

自作すのこベッド
建築廃材で、ローベッドフレーム作ってみました

建築発生廃材と傷ものの檜材でローベッドフレームを製作しました。

気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

→もっと見る

PAGE TOP ↑