*

蓄熱コンクリート打設前の木工作業区分が終了しました

T邸の1階床へ蓄熱コンクリート打設に向けた段取りが開始されています。

蓄熱コンクリート打設前の気密シート張り終了

 

 

 

 

 

床部、気密シート張り終了
床断熱は、写真、床合板裏(床下)へ現場発泡断熱材230mm厚の吹き付けを行います。

 

 

 

 

床蓄熱コンクリート層60mm

蓄熱コンクリート厚は60mmを確保し、仕上げはフローリング材15mm厚を敷き詰めます。

 

 

 

 

和室蓄熱コンクリート層45mm厚

四畳半和室は30mmの畳敷きとなりますので、フローリング材と高さを合わせる為
蓄熱コンクリート厚は45mmで打設します。

床合板上に気密シートを敷き、気密防水テープで目張りを行います。

 

 

 

蓄熱コンクリート打設段取り

外周部・間仕切り壁部へは蓄熱コンクリート流出を防ぐ為に駒(転び止めを転用した考え方です)を仕込み

蓄熱コンクリート天端の当りとしての役割を担う桟木を打ち

 

 

 

緩衝材としての用途となるポリスチレンフォーム保温板

木部と蓄熱コンクリート部との取り合い部への緩衝材としてポリスチレンフォーム保温板を打ち付けています。

木工事の作業区分はここまでとなり
蓄熱コンクリート内部を巡るポリエチレン管配管作業を行う設備屋さんへバトンタッチとなります。

 

 

 

 

断熱木質玄関ドア

断熱木質玄関ドアが取り付きました。

 

 

 

 

バルコニー部FRP防水

2階バルコニー部へのFRP防水作業も行われています。

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

I邸外観

「蓄熱式床暖房システム導入JV」熱源機取り付けと試運転を行いました

去年、弊社の「蓄熱式床暖房システム」を採用されたいとのご要望により 蓄熱式床暖房システム工事の

記事を読む

半地下基礎 埋め戻し作業

基礎外側断熱 断熱材を後張りにした理由

I市で新築中のT邸の基礎型状は半地下基礎 敷地内の建物配置状況としてはタイトなケースです。

記事を読む

200mmビス結び

外張り断熱工法のケースでは、屋根は二度製作します

M邸の建て方作業は屋根の2層目を製作しています。 1層目屋根に

記事を読む

蓄熱コンクリート養生一週間後

2017年が起動しました

2017年 明けましておめでとうございます。 本年度も、更なる住空間の「快適な温熱環境」

記事を読む

蓄熱コンクリート ポンプ圧送

「蓄熱式床暖房システム導入JV」、蓄熱コンクリート打設を行いました

O設計事務所さんの、設計・施工する新築へ ハリマハウスの「蓄熱式床暖房システム」を導入したいと

記事を読む

断熱木質玄関ドア ドアクローザ取付後

かなりタフな1日でした

断熱木質玄関ドア ドアの養生を行う前に、ドアクローザの取付を行います。 断熱木質玄関ド

記事を読む

通気胴縁 t=24mm

樹脂防火サッシまわりの気密処理についてと第1種24時間換気システムのSA・RA

M邸は外壁の通気胴縁を打ち始めています。 通気胴縁は杉24×45

記事を読む

屋根外張り断熱材

屋根勾配7寸を自力で…

M邸は1層目の屋根野地板が敷かれ その野地板上へ更に断熱材100mm厚(硬質ウ

記事を読む

樹脂窓トリプルガラスは想像していたよりもライトな感触でした

T邸に樹脂サッシが取り付けられました。 k-window   &

記事を読む

気密測定

住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作成しました。 測定速報数

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
WIC 可動棚並べ終了
引き渡し直前

WIC 可動棚並べ終了    

半地下基礎 埋め戻し作業
基礎外側断熱 断熱材を後張りにした理由

I市で新築中のT邸の基礎型状は半地下基礎 敷地内の建物配置状況

Apple銀座 2018年クリスマスまであと少し…
動画編集スキル向上への取り組み

作業風景や作業者目線の動画を撮影・編集し、YouTubeさんへアップ

ヒートポンプ式床暖房熱源機 運転設定基盤
蓄熱式床暖房システムの稼動開始時期です

12月に入り、2018年もそろそろ終わりに近づいて来ました。

1F壁プレカット済み材間配り
上棟するまで、時間がかかります

I市で新築中のT邸 構造材のプレカットはハリマハウス置場にて

→もっと見る

PAGE TOP ↑