*

樹脂防火サッシまわりの気密処理についてと第1種24時間換気システムのSA・RA

通気胴縁 t=24mm

M邸は外壁の通気胴縁を打ち始めています。

通気胴縁は杉24×45mm

通気層の厚みは24mmです。

樹脂防火窓と通気胴縁 t=24mm

樹脂防火窓
窓枠 上・左右3方は気密・防水テープで目張りを行い
外張り断熱材と樹脂防火窓とは完全に繋げています。

樹脂防火窓下部と通気胴縁 t=24mmと粘着性水切りシート

窓枠下(建築躯体側)には、防水性能を高める為に
粘着性水切りシートを貼っています。

以前、このブログで樹脂防火窓枠四方へは気密性能の向上の為に
気密・防水テープを貼ると記させていただきました。

しかし、窓枠下部へは
万一、窓枠部どこからかの個所で雨水の侵入が発生した場合
雨水は屋内へ逃げて(侵入して)しまう可能性があります。

大工さんのアイデアで樹脂防火窓枠下部の気密の弱体化への対応策として
窓枠屋内側へシール処理を行うこととしました。

屋根ガルバリウム鋼板敷きと雪止め金物

屋根はガルバリウム鋼板を敷き始めました。

屋根ガルバリウム鋼板敷き

75π非断熱ダクト

24時間換気システムは第1種全熱交換型を採用します。
エコエア90

RA(リターンエア 屋内排出気)は
全ての個所へダクト接続を行います。

SA(サプライエア 屋内供給気)は
一部、2階床下エアコン気道を利用し供給させます。

24時間換気システムRA 75π非断熱ダクト

第1種換気、全熱交換型は
SA・RAダクト実管配管数が多くなります。

24時間換気システムRA配管順序

ダクト管へ如何にストレスをかけず、如何に省スペース内に収めるか?

配管順序も考慮しながらの作業です。

RA配管ダクトスペース

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

消音ボックス

うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交換型換気システムのSA(室内給

記事を読む

エコエア90 OAフィルター半年後状況

エコエア90 運用半年後のフィルター状況を見て来ました

S邸の第1種熱交換換気システムが運転を開始して半年が経過します。 第1種熱交換換気システム  LI

記事を読む

野縁せいt=30mm 硬質ウレタンフォーム保温板充填

2階床下エアコン送風スペースは建物外皮部車庫天井となっています

M邸の車庫天井内は、2階床下エアコン送風開始口が在り 冷温風だまりスペースとなります。

記事を読む

気密測定

住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作成しました。 測定速報数

記事を読む

特注寸法集成材カウンター設置

蓄熱式床暖房システム、蓄熱コンクリート体には当然伸縮が発生します

      M邸に特注防火樹脂窓(パティオド

記事を読む

樹脂FIX窓取付後

樹脂窓取付の手元を行いました

樹脂窓 H邸のフルリフォーム 掃き出し、引き違い、縦すべり、横すべり、FIX 全て

記事を読む

小屋組

小屋組は枠組壁工法を採用しています

M邸の建て方作業 小屋組を製作しています。 寄せ棟に大きなドーマが絡む複雑な屋根

記事を読む

蓄積式床暖房システムの温もり

相当隙間面積C値 0.34c㎡/㎡で終わるのか? または、先を目指すのか?

今日、S邸の気密測定が行われました。 測定相当隙間面積(C値)は 「0.34c㎡/㎡」

記事を読む

通気胴縁打ち

通気層は24mm厚を標準として来ましたが、市場ではあまり需要が無いようです

M邸の外壁へ通気胴縁打ちが開始されました。   通気胴縁打ち開始[/capt

記事を読む

通気層15mm

屋内外貫通部へのスリーブ配管を行いました

H邸のフルリフォーム 充填断熱工法を採用し、断熱材は現場発泡断熱材を充填します。 &nb

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
グリッド面格子
単独で取り付ける防犯面格子

樹脂窓へ防犯用途の面格子を単独で取り付けている一連の作業の流れを

自作すのこベッド
建築廃材で、ローベッドフレーム作ってみました

建築発生廃材と傷ものの檜材でローベッドフレームを製作しました。

気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75
基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維

→もっと見る

PAGE TOP ↑