*

外張り断熱工法時のはね出しバルコニー部の通気処置はこの様な収まり方としています

ビルトインガレージ外張り断熱

M邸は外張り断熱工法を採用しています。

建築体、外皮壁部への外張り断熱材
(硬質ウレタンフォーム保温板 t=50mm)張りを終了しました。
アキレス キューワンボード

硬質ウレタンフォーム断熱材同士の
継ぎ手部(目地部)には、
写真に見ている銀色のテープを貼っています。

外張り断熱材 硬質ウレタンフォーム保温板

これは気密・防水テープです。

硬質ウレタンフォーム保温板の気密界面がこの個所となります。

外張り断熱材 硬質ウレタンフォーム保温板と通気胴縁t=24mm

つまり、建築体のC値を下げる為には
気密界面を知ること
更にその個所へ徹底的に気密処置を行うことが重要となります。

通気工法におけるはね出しバルコニー部の通気スリット処置

通気工法を採用していますので、
はね出しバルコニー部へも下階からの通気スリットを設けています。

バルコニー床はFRP防水を行います。

通気させて且つ
お皿の形状でFRP防水を施しています。

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

硬質ウレタンフォーム 外張り断熱作業中

外張り断熱工法の作業動画をYouTubeさんへアップロードしました

外張り断熱工法、作業動画を撮影し 字幕解説付き編集・作成しました。 外断熱の作業動画のu

記事を読む

防火樹脂窓廻りへの発泡ウレタン充填

防火樹脂窓 枠廻りへの発泡ウレタン充填とカット

先日行った作業   M邸の防火樹脂窓、サッシ枠部へ断熱・気密補強として

記事を読む

外張り断熱材とアスファルトルーフィング下葺

外張り断熱工法場合では、壁と屋根との取り合い部はこうした気密処置を行っています

M邸の建て方作業 本年度の作業は今日で終了です。 前回、屋根外張

記事を読む

樹脂フレームトリプルガラステラスドア鍵

高気密性能を選ぶか?開閉のスムーズさを選ぶか?

T邸には樹脂フレームトリプルガラス窓が採用されています。 テラスドアの開閉調整を行っています。

記事を読む

通気胴縁打ち

通気層は24mm厚を標準として来ましたが、市場ではあまり需要が無いようです

M邸の外壁へ通気胴縁打ちが開始されました。   通気胴縁打ち開始[/capt

記事を読む

2×4工法 小屋床根太並べ前状況

いや 1階床坪数からして、3棟分あるよねこれ

1階床坪数、54.35坪 「やっても やっても 終らねぇ…」   &nb

記事を読む

気密測定 相当隙間面積 C=0.2c㎡/㎡

気密測定が行われた結果…

(もしかして、0.1c㎡/㎡ とか… それ以下とか 出ちゃうとか…)  

記事を読む

金属サイディングと樹脂サッシ

A邸は外張り断熱メインの付加断熱工法を採用しています

A邸は外張り断熱(硬質ウレタンフォーム保温板t=50)をメインとし、 躯体2×4工法壁内へ断熱材を

記事を読む

屋根部現場発泡断熱材吹付け状況

2物件で行われている付加断熱は、異なる種類の断熱材を採用しています

T邸とA邸 共に外断熱+充填断熱の付加断熱工法を採用しています。 屋根部は硬質ウ

記事を読む

外張り断熱工法時の通気胴縁ジェイエコボ

防蟻対策について

T邸の設計には様々な「防蟻」対策が反映されています。 基礎内部の定期点検を安易に行えるベタ基礎

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
ダイキン デシカホームエア吊り込み
ダイキン デシカホームエアの取り付けガイド動画を作成しました

ダイキンさんの調湿・換気ユニット「デシカホームエア」の 搬入から

グリッド面格子
単独で取り付ける防犯面格子

樹脂窓へ防犯用途の面格子を単独で取り付けている一連の作業の流れを

自作すのこベッド
建築廃材で、ローベッドフレーム作ってみました

建築発生廃材と傷ものの檜材でローベッドフレームを製作しました。

気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

→もっと見る

PAGE TOP ↑