*

相当隙間面積

スイス漆喰

一昨日、N邸の気密測定が行われました。

相当隙間面積
C値は0.3c㎡/㎡だったそうです。

建物外皮 ビルトインガレージ天井

N邸はビルトインガレージ・玄関天井
バルコニーの天井一部が外皮となり一般より外皮型状が複雑です。

バルコニー部天井外皮気密処理

目視が出来なかったり、作業を行なう為に手も入らない個所もあり
気密界面へ行なう気密処理にはかなり苦労しました。

建物外皮 屋内貫通個所 気密処理

断熱材やサッシなど、建材メーカーさんの設計思想はこれからもどんどんと高断熱・高気密化して行くことでしょう…

屋根部外皮 気密処理

我々現場サイドとして出来ることとは、
「建物の隙間をなくす」
施工時に「隙間」となろう原理・個所をつぶして行くことです。

基礎外断熱と建物外皮取り合い部基礎処理

N邸全体へ行って来た気密処理は
(これで良しという自信があるものではなかった)
と言うのが正直な気持ちです。

ここN邸内で出来る限りのことは尽くしました。

C値0.3c㎡/㎡であった測定結果は
やはり大工さんをはじめとした各職方さんの協力があったからこそです。

我々 現場サイドが住宅の温熱環境に貢献出来ることとは

相当隙間面積を減らして行くことです。

屋内から見た外皮断熱材状況

追伸:ホームページもご覧ください。

関連記事

気密測定

現場発泡断熱材が気密断熱システムであっても、現場サイドとしてはそんなことは信じません

T邸の現場発泡断熱材吹付け作業が開始されました。 アイシネン   昨

記事を読む

気密測定

住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作成しました。 測定速報数

記事を読む

樹脂フレームトリプルガラステラスドア鍵

高気密性能を選ぶか?開閉のスムーズさを選ぶか?

T邸には樹脂フレームトリプルガラス窓が採用されています。 テラスドアの開閉調整を行っています。

記事を読む

気密測定 相当隙間面積 C=0.2c㎡/㎡

気密測定が行われた結果…

(もしかして、0.1c㎡/㎡ とか… それ以下とか 出ちゃうとか…)  

記事を読む

屋根外張り断熱材と通気垂木と2層目野地板

樹脂フレームトリプルガラス窓を取付ました

T邸の建て方作業 雨の多い時期ですが、工夫しながら工事は進んでいます。 屋根外張

記事を読む

1液型発泡ウレタンフォームスプレー後

1液型発泡ウレタンフォームスプレー缶タイプ

         

記事を読む

200mmビス結び

外張り断熱工法のケースでは、屋根は二度製作します

M邸の建て方作業は屋根の2層目を製作しています。 1層目屋根に

記事を読む

車庫天井内が2階床下エアコン送風開始地点

車庫天井内が2階床下エアコンの送風開始地点となります

M邸は車庫天井部へ野縁を組み 硬質ウレタンフォームで断熱処

記事を読む

防火樹脂窓廻りへの発泡ウレタン充填

防火樹脂窓 枠廻りへの発泡ウレタン充填とカット

先日行った作業   M邸の防火樹脂窓、サッシ枠部へ断熱・気密補強として

記事を読む

外張り断熱材 硬質ウレタンフォーム保温板と通気胴縁t=24mm

外張り断熱工法時のはね出しバルコニー部の通気処置はこの様な収まり方としています

M邸は外張り断熱工法を採用しています。 建築体、外皮壁

記事を読む

追伸:ホームページもご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

追伸:ホームページもご覧ください。
気密測定
住まわれて1.5ヶ月のT邸で行われた気密測定の撮影動画です

建物外皮の実質延べ床面積155.47㎡の建物で行った気密測定の動画を作

消音ボックス
うるさい換気音、下げてみた

10月にお引き渡しをしたT邸の24時間換気システム 第1種全熱交

基礎内断熱 基礎天端断熱材ポリスチレンフォーム保温板t=75
基礎内断熱工法 基礎内部も屋内とみなしています

M邸の基礎型状はベタ基礎です。 長期優良認定住宅としての条件「維

防火ダンパー付き給排気グリル ファイヤダンパ
防火ダンパー付き給排気グリル装着が標準装備となりました

ここ数年の24時間換気システムは第1種熱交換型を採用しております。

無垢フローリングの浮き補修
フローリングの「浮き」を治す作業動画を作成しました

無垢フローリング材の「浮き」を補修する作業動画を作成しました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑