ハリマハウスは外断熱に蓄熱式床暖房を組合せた高断熱・高気密の注文住宅専業工務店です。
社長ブログ

自然エネルギー

熱損失係数Q値と外皮平均熱貫流率Ua値と暖房負荷

ただ今設計中のA様邸(延べ床面積96.88㎡)の熱損失係数Q値を算出しました。 熱損失係数Q値1.312W/㎡ …

デシカ導入住宅の問題点

今朝は涼しかったですね。外気温はおそらく25℃を下回っていたと思います。体験ハウスは、室温27.4℃、湿度37 …

ハリマハウス・高断熱・高気密住宅の価格を明確にします   harima-J仕様

構造体が室内側にくる外張断熱は、木造躯体の蓄熱性と調湿性を生かせ、断熱材が途切れず、気密施工も簡単なため高気密 …

2012,11,8 東京都日野市で高性能、高断熱・高気密住宅を建築中

この建物は一級建築士事務所「TOMO空間研究所」を開設されているI様の御自宅として建築しています。 お父様が工 …

日射熱を活用して暖房エネルギー消費を削減しよう

日本の太平洋側は世界的にみても冬季の日射量が多い地域です。その日射熱を蓄熱式床暖房の床面にダイレクトに蓄熱して …

2012年9月29日(土)30日(日)東京都日野市で「透湿壁工法」構造見学会を行ないます

2012年9月29日(土)30日(日)予約制構造見学会をおこないます。 お客様は御夫婦で建築士の資格をお持ちで …

涼しさは通風と除湿から生まれる

残暑が厳しい毎日ですが、弊社の体験ハウスにダイキン工業の「デシカ」を8月5日に設置し快適な夏をすごしています。 …

新住協の総会が開かれました

6月1、2日新住協の全国総会、研修会が広島で開催され参加しました。 参加会員は119社、約250名と発表されま …

外張断熱を活かす蓄熱性と透湿性

外張断熱では外皮の柱などの構造体は室内側になるため、木材の持つ蓄熱性と調湿性を活かせます。 蓄熱は室温を安定し …

首都圏版Q1.0-X住宅を提案します

高断熱・高気密住宅専業工務店としてお蔭様で17年目を迎え、これまで蓄積したノウハウを結集して首都圏版Q1.0- …

« 1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © ハリマハウス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.